フィリピンでは、当たり前。深夜に始まるマラソン大会。

こんにちは、町田健登です。

4月22日(日)深夜!!

ナショナルジオグラフィック主催、
モールオブエイジアで開かれた

ハーフマラソン大会に出場してきました!!

 

フィリピンって、ご存知、常夏の国。
今年に入ってハーフマラソン出場は3度目なのですが、

常に始まるのは深夜!!
今回は真夜中3時30分スタートとなりました。

※出発前の写真。

アイアンマンまで残り1月となり、毎週日曜日は
最低2時間以上走る毎日です。

ただ、1人だとなかなかモチベーションが続きません。
ですので、大会があるたびに、積極的に大会に出るように
しているのですが、今回はやらかしました・・・。

「給水所にコップがない!!!」

「世界アースデイ」=環境保護の日に絡めたイベンドだったようで、
プラスチック製品を使わないことを売りにしたマラソンだったんですよね。

事前に、確かに専用のボトルは郵送されていたのですが、

どこにも当日コップがないことは書かれておらず、邪魔だったので、

私置いてきてしまいました。

5キロを過ぎると、さすがに喉が渇き、
もはやレースを捨ててコンビニに寄り道しようとしたとき、

たまたま給水所の人が1つだけ紙コップを持っており、
それをいただけて何とか事なきを得ました。
本当にありがとうございます!!

私だけじゃなく、ボトルを忘れた人、続出したようで、
途中で給水タンクの蓋を外して、そのキャップで水を飲んだり、
なかなか他で見られない地獄絵図なレース展開となりました。

スタッフさんのおかげもあり、2時間6分で無事完走!
当日は、180キロ自転車走った後に、この2倍走ると思うと、
絶句するイメージですが、しっかり走り切ろうと思います。

ちなみに、マニラ、今マラソンブームです!!
当日もかなりの人数が参加しました。

が、こちら、10キロマラソン部門のスタートから1キロ地点。
既に大勢が歩いている・・・。
競歩ですか、皆さん!!!

フィリピンに住んでもうすぐ5年目。
思わず突っ込みたいことに出会いまくる、

この国のこんな風景にいつも癒されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です